女性用育毛剤と男性用育毛剤の違い

女性育毛剤と男性育毛剤の違いは、それぞれ女性ホルモンと男性ホルモンが影響しています。それぞれのホルモンのバランスや老化のパターンにより、薄毛になる部分や速度、頭皮の状態が異なります。男性の場合は、男性ホルモンの影響で頭皮がべたつきやすく、皮脂が多くなってしまうことが多々あります。頭皮に油分が多すぎると、毛穴が詰まってしまったり、匂いの原因になるのです。そこで、男性育毛剤には、皮脂を排除する成分や、更なる血行促進する効果が高い成分を配合しています。その他に、抗菌成分、清涼剤、男性ホルモン抑制作用などが含まれており、女性用育毛剤に比べて刺激が強く、スカッとした清涼感があるのが特徴です。一方で、女性用育毛剤は、マイルドで潤いを重視したものが多いようです。男性の場合は、皮脂が多い頭頂部や額のあたりから薄毛になる傾向がありますが、女性の場合は、髪の毛全体のボリュームがなくなり、一本一本が痩せてぺったんこに見えてしまう傾向が多くみられます。これは、女性ホルモンの減少により、栄養が行き渡らなくなることが原因の一つとして挙げられます。また、女性に多い貧血は、度が過ぎると、女性ホルモンのバランスが崩れたり、髪や地肌に栄養がなくなったりして、乾燥、抜け毛、血行不良などを引き起こしてしまうことがある為、注意しなければなりません。女性は、年齢が上がると、髪にツヤやボリュームがなくなり、乾燥によるフケも多くなる為、男性育毛剤との違いとして、女性用育毛剤には保湿成分や栄養成分が多く含まれていることが挙げられます。今は、カラーリングを行なう方も多いため、より髪の毛や頭皮が乾燥しやすくなっています。また、メントール系の刺激の強いものと異なり、女性用育毛剤は、柑橘系やハーブ、エッセンシャルオイルなど、気分を明るく、穏やかに導くような香りの成分も含まれていることも男性育毛剤との違いの一つです。男性育毛剤は、女性が使用してもよいのか、といった質問もよく見かけますが、ホルモンの違いから引き起こされる原因と状態は、男性と薄毛 女性では全く異なりますので、自分に合ったものを使うことが大切です。男性用の育毛剤に含まれている成分によっては、頭皮のかゆみ、頭痛や手足のしびれを感じることや、また、フィナステリドという成分が含まれているものは、胃痛、性欲の減退などが起こる場合もあります。特に、妊娠中の女性は、胎児への影響などもよく考慮して、刺激の強いものを避けるほうが賢明です。